うつ状態が続く

うつ病の症状について

うつ病とは、強いうつの状態が長く続くことをいいます。 誰でも嫌なことや不安なことがあれば、気持ちがふさぎ込み、落ち込むことはありますが、その状態がずっと続くことはありません。うつ病は無気力で物事に取り組む意欲がなくなり、日常生活に支障をきたす状態が2週間以上続くことをいいます。 うつ病の主な症状は、意欲の低下、思考・集中力の低下、不安感やイライラするなど焦燥感にかられる、自分はなんてダメなんだと罪悪感を感じる、死にたい消えてしまいたいと強く思うようになるなどです。 また身体の変化は、夜ぐっすり眠れず早朝目が覚める睡眠障害、全身の倦怠感、食欲がわかないなどの摂食障害、性欲の減退、頭痛や肩こり、めまいなど様々な症状がでます。

おかしいと思ったら病院へ

少しでもおかしいなと思うような状態が続いたら、早めに病院を受診しましょう。うつ病を治療できるのは精神科、心療内科、神経科などがあげられます。 初めに医師からの聞き取りがあります。正しい診断ができるように質問にはウソをつかずに率直に答えるようにしましょう。 うつ病の治療には相性の良い医師のもと治療をうけることが大事といわれています。 相性が悪く、本音を言えないような医師である場合、セカンドピニオンも視野にいれておくとよいでしょう。 うつ病の治療には、症状が軽い場合には、通院し薬を服用することと、休養をとることで回復していきます。 症状が重く、自殺をはかるなどの危険性が高い場合は入院となるケースもあります。 とにかくまずは身体を休めることが大事です。

Page Top