定型のもの

定型うつの症状と対処法

定型うつ病とは、一般的に認識されているうつ病で、強いうつの状態が長く続くことをいいます。 その症状は、夜眠れず早朝に目が覚めてしまうなど不眠状態が続く、食欲がなくなり、体重が減少する、物事に対する関心や意欲がわかない、集中力の低下、全身の倦怠感、好きなことをしていても楽しめなくなった、朝方調子が悪いなどがあげられます。 定型うつ病になりやすい人の性格は、真面目で几帳面で完ぺき主義、自己否定的な考え方をして、罪悪感をもちやすい、他人に気を遣いすぎるなどがあげられます。 働き者で頑張り屋さんな人に多いです。 治療法、対処法としては、とにかく身体を休めること、心身の負担を減らすことが大切です。定型うつの人にとってがんばれは禁句です。周りの人は、よく話を聞き、お説教や反論はしないように、温かい心で接しましょう。

非定型うつの症状と対処法

非定型うつ病とは、従来のうつ病とは症状が異なります。 定型うつ病との大きな違いは、気分の変動が激しく、落ち込むことはありますが、良いことや好きなことであれば気分があがり、楽しく過ごすことができます。 また、過眠になり1日に10時間以上布団の中で過ごすことがあります。身体が鉛のように重く動かないなどの症状や、甘いものなどが食べたくなり、過食で体重が増加する、夕方から夜にかけて調子が悪くなるなど様々な症状がでます。 非定型うつは、20代〜30代の若い女性がなりやすいと言われています。 なりやすい性格は、他人の顔色をうかがってしまう、責任感がつよい、プライドが高い、人に頼ることができない、やさしい方に多いです。 対処法としては、毎日目標をもって過ごすことが大事です。可能な限り仕事へは行き、太陽の光を浴び規則正しい生活をするようにしましょう。 周りの方は、時には叱咤激励をして、優しさの中にも厳しさを持ち接することが大切です。

Page Top