費用が異なる

うつ病への理解と心がけ

今やストレス社会により10人に1人の割合でうつ病になる人が続出しています。うつ病の特徴としては元気が出ない、やる気が起きないなど人それぞれです。軽度のものもあれば重度のものもあります。 精神病の一つなので肉体に現れないため、その人がうつ病かどうかというのは外的にはわかりません。精神科などではうつ病診断というものがあり、軽度なのか重度なのかを判断してくれます。 治すには短い期間で治る人もいれば長い期間治らない人もいるます。また安易に追い込むようなことをすると大変なことにもなりかねないのでうつ病になった人をあまり責めないようにしましょう。それだけでも救われる人もいます。 診断はインターネットを利用すればだれでもできます。

長期に渡ると費用もあがる

これは医療であれば当然の話しですが、治療にはひとによって治りやすい人と治りにくい人と分かれています。これらは個人差があり早ければ2〜3ヶ月ほどですが、ながければ1年、2年もっと掛かる人もいます。 うつ病の基本治療に関しては健康保険対象になりますので窓口決算の場合には3割の負担で住みます。患者の負担を軽減する制度というものがあり名前が自立支援医療費制度というものです。これを利用することで医療費の自己負担額が1割に軽減するので患者の負担をかなり軽減することができます。この制度によりうつ病患者は治療に専念できるような環境を整えるようにしましょう。 ストレス社会のせいでたくさんの患者が出ています。気をつけるようにしましょう。

Page Top