一人で悩まずできる事からはじめてみましょう

心の問題

毎日憂鬱で仕事や趣味にも関心がない方はうつ病かもしれません。こちらのサイトのうつ病チェックを試してみてください。

うつ病に関する情報を調べたい時はこちらのサイトをご覧ください役立つ情報が満載でオススメですよ。

どうしてうつ病になるのか

私たちは365日便利で豊かな生活を送っています。科学文明の驚異的な発展により今では、あらゆる物事が効率化されています。知識や統計を持っていなかった時代に比べると、なんと裕福な社会生活を送れているのかと感じられることでしょう。しかし多くの人は現実というものにとらわれ過ぎて暮らしに埋没する結果、本来の自分自身を見失ってしまうのです。自由な時間を作って趣味などを持つことが出来れば、体調を整えて健康を維持することに繋げることが出来るはずです。 核家族化が進んだ現代において、従来持ったいたはずのコミュニケーション能力が低下しました。現代人は人が生きるに必要な人との関わりを、上手に作ることを学ぶ必要があるのでないでしょうか。うつ病にならない生き方をうつ病になる前に考えたり学んだりすることで、うつ病を抑制するというのもひとつの方法と言えます。

あらゆる情報を利用する

うつ病は心の病気です。心の病気にはメンタルケアが大事ですが、心の病とは一体どのようなものなのでしょうか。健康第一という考え方をよく耳にしますが、健康であるということもうつ病にならない秘訣と言えます。病気を患っていれば好きなことも出来ません。体の痛みがあることで動くことも億劫になり行動範囲が狭まります。世界が閉鎖的になる訳ですから好きな事も出来ずストレスが溜まりやすくなるのです。 人生では広い世界観をもって元気を見つけて生きていくことが大前提であることを常に意識していくことでうつ病に強い耐性力を身につけることが可能です。また科学や文化が発達した私たちの時代では、あらゆる資料や情報がありいくらでも学ぶことが出来るといったメリットは十分があるのです。

勤めている会社は、どうしたら良いのか

仕事が忙しすぎたり、人間関係などに疲れてしまったといった事が原因で、うつ病を引き起こしてしまう人が多くおります。ですが、いざ病院に行って、うつ病だと診断されてしまいますと、会社を辞めなくてはいけないのかと不安に思いますよね。 ですが、会社によっては辞めずに、休職するという事で、会社を休みながら、うつ病の治療をする事が出来るのです。ですので、直ぐに辞めなくてはいけないという事を考えずに、まずは休職が出来るのかどうかというのを、チェックしましょう。 また、休職中に会社からお給料が出るのかどうかというのは、その会社によって異なります。もしも、お給料が出なかったとしても、傷病手当を申請する事で、お給料の何割かは入ってきますので、きちんと調べるようにして下さいね。

休職中に、きちんとストレスを解消しましょう

休職中にきちんと手続きを取る事で、お給料の何割かは毎月きちんと入ってきます。ですので、気に病んだりすることはせずに、うつ病の治療をして下さい。何よりも一番大切なのは、休職中に会社の事を深く考えないという事です。 仕事によるストレスなどが、うつ病の原因であるならば、深く会社の事を考える事で、悪化してしまうケースがあります。休職は、退職とは違いますので、うつ病が治った後は、復職をする事が可能です。 休職をしている内に、徐々に仕事に対する意欲が戻ってきたら、その時こそ会社に復帰するときでしょう。とにかく、休職をしている時は、会社の事は何も考えずに、治療に専念する事が何よりも大切なのです。そして、早く復職をしなくてはいけないといった、焦りは禁物です。ゆっくりと治療をしていく事を心がけましょう。

社会保険を有効に使いましょう

うつ病は気力が低下したり落ち込んだり、楽しいとか嬉しいという気持ちが持てなくなったりして、それを自分の力で回復するのが難しくなってしまう病気です。誰でもかかる可能性があるありふれた病気です。 初診の際にかかる費用は初診料が約10000円ぐらいで、加入保険で変わるのですが社会保険なら2割負担で約2000円、国民健康保険では3割負担で3000円程度です。 通院をして抗鬱剤を投与された場合、1か月間は1週間に2回程度通院を要します。その後3か月間は週に1回通院です。抗鬱剤などの薬をもらうと1週間に4000円程度かかります。 半年間の通院でかかる費用は約20万円前後となります。これを2割負担するのか3割負担するのかで治療にかかる費用が算出できます。

うつ病でつらいときは一人で悩まず、病院へ行きましょう。|うつアカデミー

定型のもの

通常のうつ病に比べて定型うつ病ではうつの状態が長期間続いてしまいます。日常生活にも支障をきたしてしまうため、身体を休めて疲労を軽減していく必要があります。規則正しい生活をすることも大切です。

» 詳しくはこちら

費用が異なる

日本ではストレス社会となっており、近年でもうつ病患者が増えてきています。診断はインターネットで行なうことができ、症状によって長期治療をしなければならない場合があります。治療費は事前に確認しておくことが大切です。

» 詳しくはこちら

競争が原因

うつ病になる理由には競争社会が挙げられます。人生には競争の場面が多く出てきますが、その中では勝者と敗者が生まれます。そんな競争社会で疲れた人がうつ病になりやすいのです。身体の異変に気づいたらすぐに病院へ行くことが大切です。

» 詳しくはこちら

うつ状態が続く

うつ病の状態が続いてしまうと身体的や精神的に様々な症状が出てしまいます。少しでもおかしいと感じたら精神科や心療内科で治療を受けることが大切です。症状が軽いときはカウンセリングや薬物療法ですぐに改善できます。

» 詳しくはこちら

病院探しをする

うつ病の問題は精神面が大きく影響しているので、病院探しをするときには通いやすさを重視しておくと良いです。専門医との相性も大切なことなので、合わないときは病院を変えた方が自分のためです。

» 詳しくはこちら

Page Top